聞く人にとって心地よい話し方をする

人前で、朗々と響く声で、流ちょうに堂々とした姿で話すのは、確かに誰もが憧れるところでしょう。

しかし、どんなにうまく話しているように見えても、聞く人の立場に立っていない話し方は、人の心を打たないし、大切な内容も伝わりません。

多少活舌が悪く、自信がなさそうであったとしても、聞く人が理解しやすいように配慮した言葉を使い、飾らずに一生懸命に話している人のほうが、結果的に聞く人も真剣に耳を傾けようという気持ちになるのではないでしょうか。

つまり一番大切なのは「自分をよく見せる話し方」ではなく、「聞く人にとって心地よい話し方」を心がけることです。

それには三つのポイントがあります。

 

(垢人が理解しやすい

「聞く人が理解しやすい話し言葉」にする一番簡単な方法があります。それは、他人の話を聞いていて、自分が「理解しにくいなぁ」と思う話し方をしないことです。

話が切れ目なく延々と続くのは、食事で言えば、飲み込む前に次々と口に食べ物を放り込まれるようなもの。これでは胃に届く前に吐いてしまいます。

話し言葉も同じで、話した内容をはいてに理解し納得してから、次の話をするべきです。

つまり、話し(情報)を「食べやすいように一口サイズにしてあげる」ことです。

 

"息継ぎしなくても話せる5秒以内を一文に”

 

聞く人の耳にストレスなく入ってくる

これは発生や滑舌のことではありません。大切なのは、「話すスピード」です。早口で話されると、聞く人にとってはストレスになります。話す本人は流ちょうに話しているつもりでも、単なる早口でしかない場合も少なくありません。

解決策としては、自分が普段話すスピードよりも少し遅めにすること。滑舌が悪いと悩んでいる人も、実は自分が普段話すスピードよりも速く話してしまっているのが原因ということがあります。

また「あ〜」「え〜」などの「不必要な口癖」を減らすことも大切です。

 

″ゆっくり話し、「不必要な口癖」を減らす”

 

J垢人が話す人との距離を近く感じる

聞く人に、「この人の話なら聞いてみたい」と思ってもらえるように話す必要があります。

そのためには、犖斥佞離棔璽”を相手に向かってゆったりと投げるようにイメージして話すこと。聞く人は、話す人に親しみを感じ、言葉をしっかりと受け取ることが出来ます。その時、相手の顔でなく、ほんの少し上の頭のほうに向かうつもりで話しかけてみてください。声も明るくなり、好印象になります。

緊張してつっかえながら話す人でも、一生懸命に伝えようとすれば、相手は逆に距離を近く感じ、この人の話を聞きたいと思ってくれるものです。

口下手な人でも、聞く人が理解しているかどうか考えながら、ゆっくりとした口調で話せば、言葉が相手の心に届くはずです。

 

″相手の顔でなくほんの少し頭のほうに向かって話す”

 

インターネット全盛時代になっても、“おしごと”におけるコミュニケーションの基本は、人と人が会って話す「対面での会話」です。

口下手でうまく話せない、人前で話すのが苦手という人も、相手の心に届く話し方は習得できます。

誰もが理解しやすい話し方のルール、皆さんも挑戦してみてください。

関連する記事
コメント
コメントする